スタッフ日記


柴田 吉徳

SSSの指導の秘訣
 あけましておめでとうございます。今年もSSSをよろしくお願い致します。

 さて前回は、社会人サッカーと併せてSSSの指導理念もお伝えしましたが、今回はSSSの指導者像について少しお話したいと思います。

 現在のSSSは、特に近年、内部改革を推し進めてきた成果もあり、総勢36人のスタッフ(指導者)が所属する規模となりました。

 その中には、元Jリーガーだけでなく、現役の全国リーグ選手、社会人選手、生涯スポーツとしてプレーを楽しんでいるスタッフもおります。

 スタッフ兼ベテラン選手も多いので、自身がプレーをすることでのけがのリスクも年々大きくなり、大きなけがであれば仕事にも影響が出てしまいます。

 けがが標準装備の私としては、プレーの前に入念な準備が必要なのはもちろん「今日、サッカーが出来る最後かもしれない」と、常に感じています。スタッフに限らず、近い年代のプレーヤーたちも同じ気持ちかもしれません。

 ですので、1回1回の機会を大切に、仲間と思いっきりスポーツを楽しむ(真剣に遊ぶ)という感覚があると思います。この「真剣に夢中になって遊ぶ、スポーツの遊び心」と言うのは、人によっては捉え方が難しいのですが、特に導入期や、生涯スポーツでは重要な部分でもあります。

 導入期や育成年代では、遊び→楽しい→好き→熱中するから続く→自然とうまくなる→うまくなるともっと楽しい!。そしてこのサイクルが続くと競技力向上をもたらすだけでなく、生涯スポーツに自然とつながっていき、楽しみながらの運動は心身の健康にも直結するはずです。

 元々のスポーツの語源は、ラテン語の「Deportare」(デポルターレ)「運び去る、運搬する」という意味から転じて、その後、義務や仕事、家事といった日常生活から離れて、「気晴らしや遊び、楽しみ、休養」などを指すようになったそうです(諸説あるようです)。

 説明が長くなってしまいましたが、指導者たちもプレーをする(プレーを知る)ことで、先に述べた大切なスポーツの本質を外さず、楽しさの共有などプラス面の作用はもちろんのこと、猛暑の中や、終了間際に走るのがどんなにつらいか、ミスした時や負けた時の気持ち、けがからのリハビリの大変さも、子供たちと同じくプレーヤーの気持ちが分かることにもつながります。

 ですので、SSSの指導者は「なんで、出来ないんだ!」と言うようなマイナス面だけを強調する指導はほぼ無いと思います。

 プレーヤーの経験からは、サッカーの原則であるゴールを奪う、ゴールを守る、ボールを奪い、簡単にボールを奪われない(攻守の1対1で負けない)、相手より1点でも多く点を取る(1失点でも少なく)、その為の技術、戦術を的確に伝えることも可能になるでしょう。この原則を外さない個人スキルが身についていれば、どのチームに進んでも活躍できるチャンスが広がります。

 それらを踏まえた上で、SSSでは、幼少期から教え込みすぎずに(伸びしろを残しつつ)将来を見据えた指導をすることで、自分で考えられる自立したプレーヤーが多く巣立っていくことが高校年代以降で評価される理由でもあります。

 指導者も同じサッカーファミリーとして、共に“サッカーに学ぶ”謙虚な姿勢で、取り組むことが大切だと思っていますし、SSSの指導者にも忘れて欲しくない要素の一つです。
 

2022/01/03

 

▲ページ上へ

 


柴田 吉徳

サッカーを教え込むより・・・
 今シーズンも早いもので、各コースの外サッカーの公式戦も終了し、コースによってはフットサルに移行しています。

 最近は田古嶋コーチが、スタッフ日記で社会人チームの活動を伝えてくれていましたが、私も少し日頃の様子をご紹介したいと思います。

 この日はホーム施設でのナイター練習日、とあるベテラン選手が早めにグラウンドに入っていきました。

 その後、すぐさま周りの選手に声をかけながら積極的にゴールを設置しようとしていたので、「あれ? 珍しいね。自ら進んで仕事するのは」と、私が(嫌味で)言うと、「だって、早く試合したいんだもん!」と、目をランランとさせて、まるで小学生のような回答。

 ミドル・シニア世代に入っても、いつまでもサッカー小僧なんだなーと感心しました。そして、この選手は(性格が360度、曲がっていても?)サッカーのレベルは高いので、やはり、サッカー好きな選手は、自然とうまくなることとつながるのでしょう。

 少し真面目な話をしますと、SSSの育成部門では、一番大事なサッカー導入期に、「いかにサッカー好きの子どもを育てるか」=「それぞれの力量に合わせてサッカーを楽しませられるか」、が指導者の力量にもかかっています。

 このことからも、サッカーの本質を外さないベテラン指導者を重用し、一番大切なサッカー導入期の指導(普及・育成部門)にあたるのもSSSの特徴です。これはブラジルトップクラブの育成からも直接学んだことでもあります。

 また、若い指導者であれば、一緒になってサッカーを楽しむ(サッカーに教わる)雰囲気で子どもたちに接していれば、それが伝わると思います。

 SSSでは、「育てる(教え込む)」よりも、「サッカーに熱中して、自然と育つ環境」、そして「自分で考えて伸びる(自立)環境」を大切にする育成が40年以上変わらず、クラブの基本部分にあります(いち指導者の狭い視点だけでサッカーを教え込むより、サッカーをプレーすることで教わる、学ぶ)。

 ひいては、このような草の根からの普及と育成がサッカーファミリーの増大に寄与し、生涯スポーツにつながることで、健康と日頃の活力となり、人生が少しでも豊かになるような環境作りが、スポーツ関係者の使命でもあると思っております。
 

2021/11/25

 

▲ページ上へ

 


柴田 吉徳

2021年もよろしくお願い致します
明けましておめでとうございます。

 さて、激動の2020年を終え、今年こそは明るい年となって欲しいところですが、まだまだ気の抜けない状況が続いております。会員の皆様も、ご家族そろって健康管理には十分お気をつけください。

 SSSでは、ドリームプロジェクトも今のところ無事に進行し、春には新しい環境で活動が出来る予定で動いています。皆様には追ってお知らせ致しますが少しでも明るい話題と、安全性の向上につながるよう、鋭意努力していきます。

 では、子どもたち、SSS共々、今年もよろしくお願い致します。
 

2021/01/03

 

▲ページ上へ

 


柴田 吉徳

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
 さて、昨年創立40周年を迎えたSSSですが、さっそく次の5年に向けて、まずは内部で改革・改善を推し進めており、新年度に向けまた一歩着実なスタートが切れそうです。

 スポーツ活動環境の変化では、予定通りに進めば年度内で新型マイクロバスの導入。さらに新年度以降の中期計画では、ホーム施設の安全性や利便性の向上につながる計画も練っております。こちらも固まり次第、会員の皆さまにお知らせ致します。

 そして、今年ついに迎える東京オリンピック・パラリンピックの熱気を開催地や1年間だけに留まらせず、地域(草の根)のスポーツ活動や活力につなげていくことも大事なレガシーになると思いますので、街クラブで出来ることを全力で取り組みたいと意を新たにしております。

 SSSに通われている皆様も、スポーツを「観る、応援する、プレーする、関わる」など、楽しみながら日頃の活力や健康につなげていただきたいと切に願っております。その為にも、プレーする際には、大けがをしないよう、準備運動なども入念に行いましょう(自分自身にも強く言い聞かせています)。

 では、皆さん年始も何かとお忙しいとは思いますが、体調管理には十分お気を付けください!
 

2020/01/03

 

▲ページ上へ

 


柴田 吉徳

新しい歴史を期待しています!
 久しぶりのスタッフ日記となってしまいました。ですが、会員エリアには、ひっそりと登場していたので、内藤コーチ程のブランクは無いと思います。

 さて、ワールドカップでは日本代表がベスト16に進み、優勝候補に挙げられるベルギーとの対戦が決まりましたね。ここまでの1次リーグでは波乱もあり、前回優勝国のドイツがなんと最下位で敗退となってしまいました。この結果を大会前に予想できた人はいるのでしょうか?(4年前からドイツ優勝に賭けていたタコジマコーチは早くもやさぐれていました)

 そして私もタコジマコーチに負けず劣らず、ワールドカップtotoを買いまくりました。SSSのコーチとして、そしてサッカー歴40年のベテランとしては、当然に当たっているはずですが、かすりもしない程にまったく、まーったく当たりませんでした・・・。

 以前にも、何かで言ったような気もしますが、スポーツくじtotoを約10年弱休まず買いまくっていますので、もしtotoを一切買わないでお金を貯めていたら、そろそろ高級車ぐらいは買えたのかなーとも思います(しかしそんな過去は一切振り返りません。未来を信じるのみです)。

 ですが、自分が当たらなくてもtotoの売り上げに貢献することで、地域のスポーツ活動の助成に使われているはずなので、これはこれで良しとしています。

 ところで、ホームページ上では、SSSスタッフ内の優勝国予想が行われているようで、ベスト16が出そろった、ここからズルく私も参加します。と、言ってもtotoが当たらないので、何の自信もありませんが、他のスタッフが予想しないであろうクロアチアの初優勝に(全財産?)賭けてみます。もちろん日本にはベスト16の壁を破って、新しい歴史を作って欲しいと切に願っています。

 ちなみに、6月16日に開催したSSSのスポーツイベント内で、1次リーグの日本戦3試合の予想を行ったところ、参加者162人中、3戦的中者はなんと1名のみでした。ピタリと当てたこの5年生の子はすごいですね(何か景品でもあるのかな?)。今度からtotoを買う前にこの子に相談しようかなーと・・・。
 

2018/06/30

 

▲ページ上へ

 


柴田 吉徳

甘くはないコーチ業・・・
 少し時期がずれてしまいましたが、今年度が始まり、まだ屋内施設で行っていた練習時の出来事です。

 私が担当するサクセスコースでは、小学校高学年の子(地区によっては幼稚園の子も在籍)まで、3グループから4グループに分かれて練習を行っております。

 その中練習が終わり、後片づけをしてから送迎バスに移動しましょう、となりました。

 その時、まだ慣れていない低学年の子が、不意に「コーチ、かえるの?」と、ニコニコと質問してきます。

 私は、当然のごとく「うん。練習が終わったから、バスに移動して帰るよー」と、答えました。

 その子は「え?かえるの??」と、聞き直してきましたので、「まだサッカーしたかった?でも今日はもう帰らないとねー」と、返します。

 それでもその子は「いや、だから、か・え・る・の!」と、少し口調が強くなってきました。

 私はあれ、伝わっていないかな?もしくは、小さい子どもなりのなぞなぞ勝負かな?と、思い直し「蚊いる(かいる)の?、それとも室内施設だけと蛙いる(かえるいる)の?」と、おじさんのダジャレ力を駆使して、回答してみました。

 するとその子は「いや、だからコーチ! か・え・る・の!!」と、必死の形相になってきました。

 その様子から私は、『なっなにー! まさかコーチを代えたい(かえたい=かえる)のかー!!』と、内心動揺しながらも、そこはベテランの力で、なんとか持ちこたえます。

 「で、何をか・え・た・いのかな?・・・(内心コーチと言うなよ)」。と、更に聞き直すと、「だーかーらー、これ(↓)、かえるの!!」と、足先の方を指すジェスチャー付きで、聞いてきました。

 そこで、察しの悪い私もやっと気づきました。『あっ!靴を履き替える(かえる)か、どうかの質問だったのかー!』。。。

 で、「これから、外に出るから、靴は履き替えますよー」と伝えると、やっと本人も納得し、会話が成立しました。

 「今度からは、何をかえたいのか、伝えましょうね」と、言うが早いか、その子はクルリと反転し「じゃ、コーチ、バイバーイ!」と、このベテランコーチを置いてけぼりに、元気に帰っていきました。

 最後に言い訳のようになってしまいますが・・・。

 このように小さい子など(高学年でもありますが)には、伝える力を付けるためにも、コーチたちが、子どもの言いたいことを先回りして、察し過ぎてしまわないように気をつけております。これは時間や手間ひまがかかってしまいますが、なるべく子どもたちのコミュニケーション能力が向上するよう、対応していきたいところです。

 そして、指導現場で良くあることが、「コーチ!トイレ!」。このフレーズが出た時には、ゆっくりと対応するよりも、いろいろな意味で十分気をつけなければならないことは、ベテランコーチたちは知っていることでしょう。。。
 

2015/06/21

 

▲ページ上へ

 


柴田 吉徳

春の日差しの中、新学期が始まりました。
新入校生、そして在校生の皆さん、進学、入学おめでとうございます!

 さて、新年度を迎えるこの時期、コーチたちも毎年新鮮な気持ちにさせてもらえます(気持ちとは裏腹に体は・・・)。

 現在、私が担当しているサクセスコースでは、子どもたちの練習環境向上の為、今年度より大きな改変を行いました。

 主な内容は、今までの市内3地区編成から4地区に増やし、土曜日の練習を平日にまとめ、土・日に開催される特別練習や大会などに参加しやすくなりました。

 併せて、サクセスコース担当スタッフも増員し、1回の練習に毎回コーチが3人から4人で指導にあたります。これにより、基本2学年ごとのグループに分け、より子どもたちの成長度合いに応じた指導を実践することができ、練習環境の向上にもつながりました。

 と、ここまでは真面目な内容でご紹介となりましたが、そのような中、4月の初回練習日の出来事です。

 新学年の練習ということもあり、特に高学年グループはいきいきとしたプレーが目立ちました。もしかすると、新6年生は最高学年となり、自身のプレーが思い通りにできるのかもしれません。ですが、体格に任せたプレーはすぐに壁にぶつかります。今のうちに基礎技術をもっともっと磨きましょう(来年は中学生の部に進みます。その時は新1年生の体で、大人に近い上級学年とぶつかるイメージを今から持ってプレーしよう!)。

 と、言うことで、この日の練習も無事終了し、後はみんなで気をつけて帰りましょうと、帰りの準備をしていました。

 すると、まだ私と接触の少ない低学年の子が、テクテク、ニコニコと1人近寄ってきます。

 帰りのあいさつかなぁと思い、「では、さようならー」と、話しかけると、ふいにその子が「コーチ? ちょっといい?」と了解を求めてきます。

 私は「え、何が???」と、答えるよりも早く、なぜか私のお腹をポンポンポンポンポンポンと高橋名人の16連打(みんな知ってるかな?)のように軽快に叩いてきます!?

 おい、おーい何をするんだーと、つっこむよりも早く、「じゃコーチ、さようならー。確認できてすっきりしたー!」と、笑顔で帰っていきました。

 ちなみに、他のSSSコーチの為にも言っておきますが、スタッフピステ(薄手のジャンパー)が、特にと・く・に、とーくーに最近はやりのフィットタイプで、どうしてもお腹周りが、目立っちゃうだけですよ! 中にジャージも着ているし、この時期シャツも重ね着でー・・・。

 と、苦しい言い訳をしようとしましたが、もしかしてSSSのスタッフ統一のジャージ、ピステなどすべて青色で、しかも体格が丸いコーチも・・・=小さい子には、あの国民的キャラクターのドラえ〇んに見えている???可能性も否定できないか・・・。。。
 

2014/04/28

 

▲ページ上へ

 


柴田 吉徳

多世代スポーツ交流事業でも導入のSSSスポーツ競技会
 文部科学省事業でも実施致しました「SSSスポーツ(サッカー)競技会」のシステムが、2004年に迎えたSSS25周年から稼働を始め、今年で10年目を迎えました。

 このSSS競技会システムは、会員管理の一元化システムと合わせ考案し、国内と国際特許を取得致しました。

 現在まで、SSS会員や地域のチームだけではなく、来札したブラジルのトップクラブ、コリンチャンス、サンパウロのユースの選手たちのデータも蓄積しております。

 その中、最近のスポーツニュースでご存知の方も多いかと思いますが、レアルマドリードのC.ロナウド選手の時速132kmのミドルシュートが世界中で話題となりました。

 ここで現在までのSSS競技会で記録されたキックスピードと比較してみると、2005年に参加したコリンチャンス、ボキータ選手(当時15歳)の116kmが歴代1位。2位がサンパウロ、マテウス選手(当時17歳)の114km。3位がコリンチャンス、ギレルメ選手(当時16歳)の108kmです。

 もちろんC.ロナウド選手はトップレベルのゲームで、高速ドリブルしながらのロケットのような驚愕シュートとは比較出来ませんが、キックスピードに絞ってみるとブラジルのユース選手たちのキック能力は、日本の子どもたちとの比較対象として貴重なデータとなります。

 ちなみに同世代の最高記録は中村君(SSSジュニアユース在籍時)の101kmの記録が残っています。社会人でも、100kmがひとつの壁のようで、簡単には超えられません(私も無理だったような・・・)。これから考えても15歳で歴代1位の116kmは素晴らしい才能と言えるキック能力と捉えられます。

 このSSS競技会は、発案時から年々バージョンアップを重ねており、今回のキックスピードだけではなく、キックターゲット、俊敏性、ドリブル、ボールコントロールなど複数種目から総合的にスコア化し、ランキング化もしております。

 今後も比較対象となる生きたデータを蓄積しながら、多くの子どもたちの目標設定や練習へのモチベーション向上につながるよう継続していきたいと考えております。
 

2014/02/26

 

▲ページ上へ

 


柴田 吉徳

謹賀新年
明けましておめでとうございます! 

 昨年は、多くのご協力を頂戴し、おかげさまでSSSもホームグラウンドの設立に至ることができました。関係各位には心より感謝申し上げます。

 SSSにとってのホームグラウンド設立は、1979年のクラブ創立からの悲願であり、34年目にしてやっとの思いでしたが、35周年となる2014年は周辺整備を含め、更なる活動環境の向上に努めたいと意を新たにしております。

 では、道内、道外問わずSSSの子どもたちがお世話になると存じますので、今年も何卒よろしくお願い申し上げます。
 

2014/01/03

 

▲ページ上へ

 


柴田 吉徳

これからの活躍が楽しみです。
  SSSホームページでも報告がありましたが、SSSに所属していたハーフナー・ニッキ君が昨年末、名古屋グランパスのトップチームに昇格し、Jリーグデビューも果たしてくれました。

 以前、田古嶋コーチのスタッフ日記でも、お父さんのディドさんのお話が書いてあったと思いますが、私も思い出のエピソードを1つ、2つご紹介したいと思います。

 当時ニッキ君が通っていたコースには、ハーフナーさんからのご紹介もあり、インターナショナルスクールの子がSSSに通ってくれていました。

 その中には、まったく日本語が話せない子や、個性的な子も多かったと記憶しています。そして私は英語が話せるというような語学力も無く、精一杯の単語や、身振り、手振りを駆使して接していました。

 ニッキ君は低学年でしたが、日本語、英語はペラペラで(おそらくオランダ語も)、通訳で困った時にコーチたちを助けてくれる頼れる子でした=いい大人が小さい子を頼る構図です(うーん。情けない?)。小さい子と言っても、当時からニッキ君は2・3学年上の子のような体格でしたが・・・。

 そんな当時のある日の出来事です。

 交流試合に出ていたニッキ君が、ディフェンスで頑張り、相手選手の強烈シュートが顔に当たってしまいました。すると、今まで泣いた顔を見せたことが無かったニッキ君が顔をくしゃくしゃにして「ゴーヂー(泣いてコーチと言っているもよう)」と、私の方に猛ダッシュしてきます。

 その時私は臆することになります。

 それまで海千山千で培ってきた経験から『あの体格からの全力ダッシュを私は受け止められるのか???』と、瞬間的に危機察知能力を発揮し体への衝撃度を算出。ピ・コ・ピ・コ・ピ=∞(無限)・・・しかし逃げる訳にはいかなーい!

 『よし、ここは、腰を低く、手を大きく広げてお相撲さんのポーズ・・・』と考えるより早いかニッキ君が「どーーーーーん!!!」。。。

 ワールドクラスの突撃をモロに受けた私は「グキッ?!あべしッ!」と体が悲鳴を上げながらも、そこはコーチの意地です。「そんなに泣くなってニッキ・・・」と、言いながら空を見上げ、自身の涙を何とか堪えきりました・・・。

 今回の日記は、昔話ですので、記憶違いの部分もあるかもしれませんが、そこはお許しを(もし、ニッキ君からダメ出しがあれば密かに消す可能性も・・・2つ目のエピソードは様子を見てからにします)。

 と、このように子どもたちのエピソードもまだまだありますが、本人たちが『自分のこと???』と気にしても困るので、大きく成長してから披露出来る日を楽しみにしています。
 

2013/12/02

 

▲ページ上へ

 

<< 前の10件