スタッフ日記


土橋 竜也

各コース合同の冬期強化合宿を行いました
 冬休み期間恒例の各地区サクセスコースとレギュラーコースの合同強化合宿を、高学年と低学年に分けて、札幌市内の会場で実施しました。

 1月8日、9日に行った高学年合宿には45人が参加。1日目は、ボールを使った様々なトレーニングと紅白戦を中心に行い、2日目は、アスルクラロさんと一緒に多くの交流試合を行うことができました。

 続いて1月13日、14日に行われた低学年合宿には42人が参加しました。低学年合宿では、初めて参加をする子もいましたが、最初はとまどう場面も、すでにベテランのような合宿に慣れている子に引っ張られ、元気に乗り切りました。こちらも2日目には、西野第二少年団さんと一緒に交流試合を行い、1日中楽しくボールを追いかけました。

 両合宿ともにサッカーはいつも以上に頑張っていた子どもたちですが、あいさつやマナーの面など、合宿を通じてまだまだ成長しなければならない部分も多かったと思います。

 生活面はもちろんサッカーでも必要となることですが、『今は何をする時間なのか』、『自分は何をするべきか』など、「自分で考えて行動する!」ということは大きな課題です。SSSでは、自立した子どもたちの育成を目指し、自らが考えて行動し、自分のことは自分で出来るように、指導しております(コーチたちが安直な正解を与えすぎないように心掛けています)。

 当たり前ですが、サッカーが上手くなるだけでは、一流の選手にはなれません。生活の部分で「自立」していくことが、サッカーの成長にも繋がっていきます。今回の合宿で得た経験を日頃の生活に生かし、サッカーも人間的にも大きく成長してくれることを期待しています。
 

2015/02/05

 

▲ページ上へ

 


土橋 竜也

夏休みの思い出は
 北海道では小学校の夏休みも終わり、サクセスコースの通常練習は18日から再開しております。

 さて、みなさんは夏休みをどのように過ごしましたか? サクセスコースとしての思い出は夏の合同合宿があげられると思います。

 8月1日、2日の日程で行われた高学年合宿は、各地区サクセスコースの4年生から6年生までの49人が参加しました。会場は新十津川町の天然芝グラウンドを利用し、隣接の施設に宿泊。初日には紅白戦を中心に練習し、2日目には、明苑ジュニアさん、赤平少年団さんと交流試合をさせていただき、とても良い経験になりました。

 続いて低学年の合宿は、8月6日、7日、各地区サクセスとレギュラーのコース合同合宿として札幌市内で開催。1年生から3年生まで34人の子が元気に参加しました。1日目はSSSホームグラウンドで思い切りサッカーを堪能。2日目は、あいにくの雨模様で体育館での交流試合となりましたが、対戦相手の西野第二少年団さんと一緒に楽しくボールを追いかけました。

 この2つの合宿でコーチの思い出となったのは、参加をした子どもたちの「負けず嫌い」の部分です。低学年の合宿では、コーチとのドリブル対決で何度負けても挑んでくる子や、高学年の合宿では、コーチたちとの交流戦で、終了間際に決勝点を奪われた時の悔しそうな表情が印象的でした。

 SSSでは、このように大人との対戦(年齢差のある交流試合)を行うことも子どもたちに経験させます。それは体格差や、実力差があった場合にも、自分たちが勝てる部分を探して何とか工夫して勝負に持ち込んで欲しいからです。

 サッカーの勝負をする際に年齢は関係ありません。と、言っても大人たちが子ども相手に体を無理にぶつけるなどはしませんが、ピッチに立ったら、お互いに負けず嫌いを存分に発揮し、ボール1つで一緒に楽しめるのがサッカーの良さでもあると思います(各国のトップリーグでも10代の選手が沢山活躍していますし、日本ではカズ選手の例もあります)。

 どんな相手にも果敢にチャレンジし、勝てなかったときには、その悔しさをバネに努力できる「負けず嫌い」の子が上達していくのだと思います。今回の合宿に参加した子の中には、負けず嫌いがいっぱいいました。合宿で得た経験を生かし、大きく成長してくれることを期待しています。
 

2014/08/27

 

▲ページ上へ

 


土橋 竜也

サクセスコース環境向上の効果
 皆さんこんにちは! ワールドカップも決勝トーナメントに入り、ますます熱を帯びた戦いが続いていますね(ちなみに遅ればせながら、私の優勝国予想は、コロンビアです)。

 さて、私が担当しているサクセスコースでは、今年度のクラブ創立35周年を機に、今年度4月から新たに体制を変更し、子どもたちの環境向上がなされました。

 4月の体制変更から3か月余り、通常練習だけではなく、サクセスコースの選手登録チームである「SSS札幌サクセスU―12」に選手登録している子どもたちにとってもよい影響があり、最近の活動を見ていると徐々にその効果が表れてきました。

 まずは、土曜日の通常練習を平日にまとめたことで、登録チームとしては土日の大会や練習試合などの活動に集中して参加しやすくなりました。

 また平日の通常練習と併せ、登録チームの指導者も増員し、公式戦だけではなく、交流試合や特別練習の機会も増やすことが出来ました。

 先日、6年生のU―12リーグ(公式大会)や、3・4・5年生それぞれ各学年の交流試合でも、技術的な上達はもちろん、試合経験からくる落ち着き(試合慣れ)、子どもたち同士の連携など、随所によい効果を感じることが出来ました。そして何より、試合という機会を子どもたちは本当に楽しみにしていて、生き生きと活動している様子は最大の効果と言えます。

 しかし、活動機会が増えたと言っても、本人たちの努力が伴わなければ意味がありません。上手になりたい子は、日頃からたくさんボールをさわることが肝要です。練習日以外でもなるべくボールにさわる機会を多くして、週末の活動に繋げてほしいと思います。みんなでワールドカップの熱気を忘れないように頑張りましょう!
 

2014/07/04

 

▲ページ上へ

 


土橋 竜也

今年もよろしくお願いします!
 今年はワールドカップイヤーということで、今から楽しみにしています。さて、皆さんは日頃からサッカーを楽しんでいますでしょうか? 昨年末、こんなことがありました。

 12月8日、SSSが主催する幼稚園室内サッカー大会があり、年長さん約80名が集まりました。子どもたちは、無心でボールを追いかけゴールを目指します。男の子も女の子も元気に走り回り、得点が入ると笑顔で大喜び! 応援に駆け付けた多くのご家族も一斉に大盛り上がりです! そんな様子を見ていて、これがサッカーの原点のように感じました。

 また、SSSのニュースページでも紹介されていますが、12月23日には、文部科学省事業の一環で、地域の子どもたちも参加した「多世代スポーツ交流イベント」を行いました。参加者の中には、他のサッカーチームの子もおり、試合の合間でこんな話をしていました。「えっ、自由にプレーしていいの? こんな感じでサッカーをやれるのって、すごく楽しい!」。それを聞いたSSSの子は、「いつもこんな感じで楽しくやっているけど、えっ他のチームはどうなの??」とお互い共通のサッカーを通じてコミュニケーションを深めているようでした。

 このようにSSSでは、月に1回程度、幼児から小学生の子とその保護者を対象に、フレンドリーカップという交流大会を行っています。そこでは、子どもたち個々の発想力や駆け引きを大切に、みんなが(自分で考え)自由にプレーをしています。当然、やる気のない子やふざけている子には適宜指導をしておりますが、基本的にコーチの介入は最小限に留め、子ども自身の考える力、そして子ども同士のコミュニケーションを大事にしています。

 もちろん、年代や場面によって、厳しい練習や競争も必要です。しかし、根本にあるのは「サッカーは楽しむものだ!」ということを忘れずに、生涯スポーツとしてずっと関わってほしいなと思います。

 サッカーは、世界で一番人気のあるスポーツです。プレーはもちろん、観て、語って、応援して(大富豪になってチームオーナーになる?)などなど・・・。色々な楽しみ方があると思います、皆さん、今年もまた大いにサッカーを楽しみましょう!

 コーチたちも一緒にプレーを楽しみ、同じプレーヤーとして交流できるようもう少しトレーニングを頑張りたいと思います。
 

2014/01/13

 

▲ページ上へ

 


土橋 竜也

サクセスU?12、室蘭ドリームカップに参加しました
 5月4日(土)、5日(日)の1泊2日の日程で、サクセスU?12の6年生21人と5年生3人の合計24人が、「室蘭ドリームカップ」に参加しました。今年は、参加人数が多いこともあり、AとBの2チームに分かれて出場し、それぞれ1日目の予選リーグ、2日目の順位リーグともに3試合ずつ、さらに1?2試合の交流戦も行えました。

 今年で15回目を迎えるドリームカップ。大会1日目は、全道各地から集まった38チームが、室蘭市内6つの会場に6チームずつに分かれ(1会場は8チーム)、それぞれ3チームずつのリーグ戦の後、順位決定戦を行いました。同会場で違うリーグに入ったサクセスの2チームは、Aがリーグ戦2敗、5・6位決定戦で勝利し5位。Bはリーグ戦1勝1敗、3・4位決定戦で敗退し4位という結果でした。

 予選リーグでは、自分たちのサッカーやプレーに対する気持ち、「本気度」が足りないことを確認し合い、徐々に試合に臨む姿勢に変化が見られました。相手より先にボールに触ること、自チームのゴール前では安全第一のプレーを選択することなど、サッカーの基本をもう一度しっかりと再確認し、2日目の順位リーグに臨みました。その結果、Aは5位リーグの中ではありますが、3連勝で6チーム中1位。Bは4位リーグに入ったこともあり、3敗と厳しい結果でしたが、両チームともに個人の戦術理解度と試合に臨む姿勢は成長したと感じております。

 この2日間、サッカー面では、多くの貴重な実践(試合)で学び、生活の部分でもあいさつや食事、団体行動など、経験出来たことは数多く、本当に実りの多い合宿でした・・・。とは言いながらも、まだまだスタートラインに立ったにすぎません。参加をした子どもたちは、今回の2日間だけの成長に満足することなく、合宿での経験を今後の活動に生かして、より一層頑張ってほしいと期待しています。
 

2013/05/12

 

▲ページ上へ

 


土橋 竜也

平成24年度卒業式のご報告
 ご報告が遅くなりましたが、平成24年度の卒業式が、コース別にそれぞれ行われました。

 3月2日(土)、最初に卒業式を行ったのはレギュラーコースの6年生です。市内のイベント会場には、卒業生の23人を含め、子どもたちは約90人、保護者の方は約40人参加し盛大に行われました。式典では、卒業生や在校生からのあいさつや(涙の保護者も・・・)、ビンゴ大会などで盛り上がりました。

 続いて3月9日(土)には、SSSジュニアユースコースが卒業式を行いました。今年度は、33人が卒業となり、当日は、在校生、保護者併せて約150人が参加となりました。イベント会場の巨大スクリーンにはブラジル遠征の様子が映像で流されました。さらに、在校生が元気に送り出そうと、出しものを頑張り、笑顔のはじける卒業式となったようです。

 3月30日(土)、最後に行われたのは32人が卒業するサクセスコースです。こちらは、市内のコミュニティードームに、子どもたちと保護者の方を併せると約200人の方が参加され、式典では記念品の授与を行いました。一番の盛り上がりを見せたのは、卒業する6年生チーム対コーチチームの記念マッチです。6年生は日頃の練習の成果を存分に発揮し、コーチチームを大いに苦しめました。しかし、最後は、コーチチームが勝利。(最後に大人のずるさと人生の厳しさを伝えました・・・)和やかな雰囲気で卒業式は終了しました。

 最後になりましたが、「皆さん、卒業おめでとうございます!」。新しいステージでも皆さまが活躍できるよう、スタッフ一同切に願っております。
 

2013/04/21

 

▲ページ上へ

 


土橋 竜也

各年代フットサル大会での経験
 SSSサクセス6年生は、西区予選を勝ち抜き、バーモンドカップ全日本フットサル札幌大会(予選)に参加しました。11月3日に行われた、全市大会初戦の相手はアンフィニMAKIFC。この年代は、昨年のU?11札幌フットサル全市大会1回戦、先日のじょうてつ杯決勝戦に続き3度目の対戦となりました。結果は3?2で逆転勝利。試合に出場した子どもたちは、高い集中力で、現時点での自分たちの力を100%出し切ることが出来たと思います。

 2試合目の相手は、コンサドーレ札幌。残念ながら0?2で負けてしまいましたが、全道大会の最終日??と思うほどの相手と2試合を戦えたことは、チームにとって貴重な経験となりました。また、今大会を通じて再確認出来たのは、この子たちは「本当に情熱を持ってサッカーに取り組んでいる」ということでした。スポーツをする上で、当たり前のことかもしれませんが、非常に大事なことだと思います。その気持ちと、今回の経験を忘れずに、今後の成長につなげてほしいと思います。

 4年生と5年生は、それぞれ西区のフットサル交流大会に出場しました。今回は、どちらの学年も交流大会ということで、なるべく多くの子に出場機会を与えることを重視しました。試合の結果はあまり良くありませんでしたが、各個人が出場した時間を精一杯頑張り、普段の練習の成果を発揮出来ている子もいましたし、内容は決して悪いものではありませんでした。試合に出てみて、成功したこと、失敗したこと様々あったと思います。来年1月には、札幌フットサル大会があります。交流大会での経験を生かし、それぞれ目標を持って普段の練習に臨みましょう!
 

2010/12/05

 

▲ページ上へ

 


土橋 竜也

SSSサクセス、9月の大会を振り返って? 6年生
 9月19日、23日、26日、10月2日の4日間で、「第16回じょうてつグループ杯少年サッカー大会」が行われ、SSSサクセスは、チーム一丸となって全力を出し切り、準優勝という結果で6年生最後の外サッカーを締めくくりました。

 19日に行われた、1回戦は中の島少年団に6?0、続く2回戦も昨年度準優勝チーム札幌開成少年団に3?1で勝利しました。札幌開成との試合は、先制点を奪われて苦しい展開だったにも関わらず、うまく気持ちを切り替え、逆転することが出来ました。この試合は、気持ちの持ち方が重要でした。春の会長杯で清田南少年団に敗戦した時の悔しい経験が生きて、今回は子どもたち自身で試合の流れを引き寄せることが出来たのだと思います。

 23日の3回戦は、会長杯でも互いに好ゲームを演じたFCデノバとの再戦を3?0で乗り切り、続く4回戦の相手は、先日までのポカリスエットリーグで同じブロックだった石狩FCでした。ポカリリーグでのサクセスとの戦績は、1勝1敗でしたが、石狩FCはブロック優勝をしているチームで大きな山場となりました。試合は緊張感のある良いゲームでお互いチャンスを作りながらも、気持ちの入った守りでゴールを死守。両チームスコアレスドローでもつれ込んだPK戦をサクセスが制し、苦しみながらも接戦をものにしました。

 サクセスチーム結成以来、初の全市ベスト8入りに勢いづいた子どもたちは、26日の準々決勝の相手、強豪札幌ジュニアFC戦を2?0、10月2日に行われた準決勝の札幌緑丘少年団戦を1?0で勝利し、ついに決勝戦に駒を進めました。

 決勝の相手は、アンフィニMAKIFC。試合開始5分、センターリングのこぼれ球を頭で押し込まれ、先制点を奪われてしまいました。結局この1点が決勝点となり、負けてしましましたが、内容としては十分に胸を張れる試合が出来たと思います。常にチャレンジャー精神を忘れずに試合に臨んできたサクセスは、全道の常連チーム相手にも、全く引きませんでした。中盤でのプレッシャーを速くして、次のディフェンダーがパスを狙う、2人で挟んで奪う、チャレンジ&カバーを繰り返し、奪ったボールから何度か決定的なチャンスも作りました。何より、出場した選手はもちろん、ベンチのメンバーもチーム一丸となり力を出し切れた試合だったと思います。

 今回は、これまでの経験や各自の努力の積み重ねが、結果として表れた大会でした。夏の全道札幌予選での敗退から、課題として取り組んできた、ルーズボールをマイボールにすること、しっかりとドリブルとパスを使い分けてボールを運ぶことが、厳しい試合の中でも出来るようになってきたと思います。そして、この大会では、登録した選手全員がいずれかの試合に出場することが出来ました。また、出場していない試合でも、ベンチからの声や気持ちがチームの力になったはずです。まさに、チーム全員の力で掴んだ準優勝だと思っています。

 しかし、本当に大切なのはこの経験を今後に生かしていくことです。万が一、少しでも今回の結果に満足して努力を怠るようでは、長い目で見たら悪い結果となってしまうでしょう。試合を振り返ってみると、まだまだ数え切れないほどの課題があります。後々振り返ってみても、良い結果と言えるように、より一層高い意識を持って日々の活動に取り組みましょう!
 

2010/10/14

 

▲ページ上へ

 


土橋 竜也

SSSサクセス、9月の大会を振り返って? 4年生
 9月20日(月・祝)、SSSサクセス4年生は、札幌市U?10サッカー大会に参加しました。今年から、大会日程の関係で、各区の予選なしで最初からトーナメント方式が採用されました。トーナメント1回戦は18日(土)に行われ、サクセスはシードだったので2回戦の20日からの参加となりました。

 4年生は春の岩内町長杯を経験し、その後の練習試合でも勝負強さを見せていたので、試合内容の部分で、ボールの運び方やまわりを見ていい判断をすることを要求してきました。

 サクセスにとっての初戦となる2回戦は、AFC M’sとの対戦となりました。序盤から、ドリブル突破やパスを出す前にもまわりを見て判断することがかなり出来ていたと思います。先制点を取ると勢いに乗り、最終的には4?1で勝利することが出来ました。

 続く3回戦の相手は、爆発力のある北郷瑞穂少年団です。厳しい試合になることは予想していましたが、思った通りプレッシャーが早いことと、相手の体の強さを警戒して、サクセスの子どもたちに少し焦りが見られ始めました。もう少し落ち着いてプレーすればいいところで、急いでしまいミスをする場面が多かったように感じます。何度か訪れた決定機も決めきれず、逆に相手のロングボールからのこぼれ球を決められ0?1で敗れてしまいました。

 今回の大会は残念でしたが、この悔しい思いを忘れることなく、普段から早いプレッシャーの中でも正しい判断と正確なプレーが出来るように心がけましょう。そのためには、なるべく多くボールを触り、絶対的な技術力を身に付ける必要があります。日々の練習を大事にし、各自高い目標を持って頑張りましょう!
 

2010/10/10

 

▲ページ上へ

 


土橋 竜也

SSSサクセス、9月の大会を振り返って? 5年生
 9月4日(土)、SSSサクセス5年生は、全農杯チビリンピック8人制大会の札幌予選に参加しました。5年生は、毎年この時期に、8人制のチビリンピックと11人制のトラック協会杯の2つの大会があり、各チームがどちらかひとつを選択して参加します。

 来年度から6年生の公式戦がすべて8人制になるということで、今年のサクセスチームは、チビリンピックを選択しました。この大会は、8人制の3ピリ制で(12分×3本)、1本目と2本目は選手をすべて入れ替えしなければならないルールで行われているので、多くの選手に経験を積ませることもできます。

 今回札幌予選に参加したチームは、コンサドーレ札幌、SSSレギュラー、アンフィニMAKI、真栄少年団、リーヴFC、SSSサクセスの6チーム。サクセスは、アンフィニMAKIとリーヴFCと同じリーグとなり、3チーム中2チームが翌日の決勝トーナメントへ進めます。

 第1戦はアンフィニMAKIと対戦。今年に入り、粘り強さが増してきた5年生でしたが、1本目0?0、2本目0?3、3本目0?3のスコアで合計0?6で敗れてしまいました。相手の正確なボール回しとロングシュートに対応できずに失点を重ねてしまいました。

 後の無くなった2戦目はリーヴFCとの対戦でした。子どもたちも必死にボールを追いかけ、1本目、2本目を終えて0?0、好ゲームを演じましたが、3本目で相手選手の個人技からついに失点をしてしまうと、その後もカウンターから追加点を奪われ最終的には0?3。残念ながら、予選敗退となってしまいました。

 2試合とも負けはしましたが、強豪チームを相手に、判断のあるプレーや1対1の局面での粘り、相手ゴール前でのチャレンジなど、普段の練習の成果が表れた部分もあったと思います。今回の経験を生かすには、何が通用して、何が足りなかったのかを整理し、より高いレベルでの戦いを想定して普段の練習に取り組むことが必要となります。みんなで頑張りましょう!
 

2010/10/08

 

▲ページ上へ

 

<< 前の10件